2017年5月18日木曜日

ツイッター依存症の私

私は暇さえあればツイッターを覗いている、ツイッター廃人、通称「ツイ廃」です。

とは言っても沢山のツイートをする訳ではなく、ただタイムラインを見ているだけです。

面白いツイートがあれば「いいね」や「リツイート」をし、たまーに自分でツイートしたりします。

また、最新のニュースや出来事などはツイッターの「トレンド」から情報を得ています。

こういう人って案外多いのではないかと思うのですが、どうでしょう。

たまにツイッターを利用している自分を客観的に捉えた時に、「時間を無駄にしているなあ」と罪悪感に駆られる時があります・・・。
だって、「ただスマホを眺めているだけ」なので・・・。

ゲームのプレイ時間を後で見てみて、憂鬱になる時の感覚に近いですかね。

かと言ってそれ以外に有益な過ごし方も思いつかないので、ただ罪悪感にかられるだけです。

恐らく私は、「流れる情報の濃さ」に慣れてしまい、テレビや日常生活では満足?できなくなってしまったのだと思います。

ツイッターを覗いている間は色々な情報を文字として捉え続ける事が出来ますが、それを一旦やめると何か物足りなくなってしまい、またタイムラインを覗くという循環です。

何とかしてこのサイクルから抜け出したいものですが、どうしたものですかね~。

何か良い案がある方は教えてください・・・。

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出ドラえもんに便乗するクソ寒いbot集団

今回はちょっと下ネタ要素が強めになるので注意! 皆さんはツイッターのアカウント「5%の確率で性器を露出するドラえもん」というbotをご存じでしょうか。 知らない人のためにどんなアカウントなのかと言いますと、「ドラえもんが2時間に一回秘密道具を出す、しかし5%の確率で性器...